Cloud

当園について

園長ごあいさつ
感受性豊かなこどもたちは一人一人違います。
その笑顔は太陽のように周りを明るく照らし、活力を生み出します。
そして澱みのない真っ直ぐな瞳は、あらゆるものをありのままに受け入れる柔らかい心の現れです。こどもたちは沢山の経験を通して、常に何かに感動し、何かを発見し、自ら考えて大きく成長します。
私たちは、これまでもずっとこどもたちの天性の備わり・無限の可能性・個性を大切にしながら、集団の中で培われる育ちを、時には上から引っ張り、時には下から支えてきました。
そしていつも考え方の中心には、「こどもたちにとって何が大事なのか?」を据えてきました。ですから当園の園児は、運動会で友だちと協力して一つのことを成し遂げる充実を味わい、クリスマス行事で自分の心と向き合う勇気を知り、思いやりの感情が湧き出る成長を実感します。
私たちは、それぞれのご家庭で慈しんでこられたお子様の大切な幼児期に関われることに感謝しつつ、小さなこどもたちの大きなステップになる「環境」として努めてまいります。
服部みどり幼稚園 園長
三石 深雪

園長 経歴:

カリタス学園小学校卒
神奈川県川崎市立西生田中学校卒
トキワ松学園高等学校卒
慶應義塾大学文学部史学科西洋史学卒
慶應義塾大学大学院文学研究科修士課程修了

服部みどり幼稚園 園長 三石 深雪

icon_guideline02
当園の歴史

川合信水

当園の母体となる基督心宗教団(きりすとしんしゅうきょうだん)は、昭和2年(1927年)に開祖の川合信水により設立されました。
川合信水は、教団設立以前は、明治26年(1893年)東北学院大学神学部にて押川方義学長の門下として学び、明治34年(1901年)山形県鶴岡市日本基督教講義所の伝道師となりました。
その後、明治37年(1904年)群馬県前橋市私立共愛女学校の校長を経て、明治42年(1909年)群是製糸株式会社(現在の株式会社グンゼ)に招聘され社内教育長に就任、大正6年(1918年)女子教育のために群是女学校を設立した。大正12年(1923年)誠修学院と改称。

服部みどり幼稚園 沿革:

昭和13年

大阪財界人からの献進により現在の園所在地である豊中市城山町に 基督心宗教団 大阪教会を設立

昭和20年

当時の牧師 高瀬夫妻により戦災孤児の養育を開始 家庭保育所開設

昭和20年

園舎・設備を備え、(宗)基督心宗教団 大阪教会附属服部みどり幼稚園 発足

昭和63年

私立学校法第30条規定に基づき(学)基督心宗学園を設立

平成元年

(学)服部みどり幼稚園発足

初代理事長 初代園長 川合秀雄 就任
2代目園長 森山美代子 就任
3代目園長 川合正道 就任
2代目理事長 4代目園長 三石深雪(現職) 就任

平成31年

(令和元年)

施設型給付幼稚園に移行

園の概要

名称

学校法人 基督心宗学園 服部みどり幼稚園

住所

〒561-0803 大阪府豊中市城山町4-9-8

設立年月日

昭和29年4月1日

TEL

06-6862-1269

FAX

06-6862-1410

理事長

三石 深雪

園長

三石 深雪

書類各種